新型コロナ感染症(COVID-19)のため中止されていた稙田公民館主催の「わくわく科学フェスタ」が3年ぶりに11月5日開催されました。当会からも5ブースの出展を行い、また出展講師募集にも協力しました。
まずは当会会員のブースの様子をご紹介します。

【 3次元ヤジロベー 】色とりどりのビーズがきれいですね。3次元ヤジロベーは左右だけでなく、前後にもバランスをとってゆらゆらと揺らすことができます。写真の中央付近に完成品があります。

【 ガリガリトンボをつくろう 】お父さんの膝に乗って一緒に作っているのは、なんと2歳の男の子です。

【 ポンポン船を作って遊ぼう 】蒸気の力で動く船を作りました。日頃「火」を扱うことが少ないためか、なかなかロウソクに着火できませんでしたが、無事に就航!

【 くるくるアニメにちょうせんしよう 】作品を持った男の子がカメラを向けるとピースをしてくれました。(許可をとって撮影しましたが写真は少し加工しています)

【 手作りホバークラフト 】ゴムがもとに戻ろうとする力を利用したホバークラフトを作りました。

令和5年以降運航開始予定の大分空港と西大分を結ぶ実物は、船体のデザインが10月末に決定しました。こちら 写真は現在建造中のホバークラフト(大分県のWebサイトより)

会員外のブースも少しご紹介しましょう。

【 スライムわくわくマジック 】

【 LEGOブロックでロボット相撲大会 】大分工業高校の生徒さんたちが講師です。